新着記事
header_logo.GIF

アメリカ進出のコンサルティングならお任せ下さい。

2020年07月02日

2020年06月18日

米20年債入札結果 最高落札利回り 1.314% みんかぶFX 米20年債入札結果 最高落札利回り 1.314%. 一般 2020/06/18(木) 02:18. 最高落札利回り 1.314%(WI:1.329%) 応札倍率 2.63倍(前回:2.53倍).

米20年債入札結果 最高落札利回り 1.314%

みんかぶFX

米20年債入札結果 最高落札利回り 1.314%. 一般 2020/06/18(木) 02:18. 最高落札利回り 1.314%(WI:1.329%) 応札倍率 2.63倍(前回:2.53倍).



 

NY外為:ドル伸び悩む、米20年債入札は順調

まぐまぐニュース!

順調な入札結果を受けて米債利回りは0.76%から0.74%まで低下。ドル・円は107円24銭から107円20銭へじり安推移となった。ユーロ・ドル1.1208ドルから ...

  

関係のないコンテンツを報告


NY他市場 2時台 米20年債入札受け利回り低下

みんかぶFX

NY株式17日(NY時間13:10) ダウ平均 26329.65(+39.67 +0.15%) ナスダック 9981.24(+85.38 +0.86%) CME日経平均先物 22665(大証終比:+135 ...

  

関係のないコンテンツを報告


債券は下落か、先物夜間取引軟調で売り先行−5年入札後に持ち直しも

ブルームバーグ

きょうの債券相場は5年債入札までは先物中心に重そうだが、後半は持ち直すと予想; 米株価が下落、長期金利が低下と他市場はフォローも、超長期ゾーンの 

NY市場サマリー(17日)=ドル小幅高、S&P下落

ロイター

今回の入札規模は170億ドル。最高利回りは1.314%と入札前取引(WI)の水準を約2ベーシスポイント(bp)下回った。 BMOキャピタル ...

【NY為替オープニング】パウエルFRB議長証言に注目

ザイFX!

本日は米財務省が20年債入札を予定しており結果を受けた米国債相場にも注目が集まる。さらに、メスター米クリーブランド連銀総裁オンライン講演を予定して ...

posted by Mark at 16:37| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月17日

米国立衛生研究所、外国政府の資金提供隠蔽で54人を解雇 資金の9割超が中国から


米国立衛生研究所(NIH)の調査で、多くの科学者が外国の機関との繋がりを隠し、秘密裏に資金を受け取っていることがわかった。隠された資金の93%は中国の機関からのものだという。NIHのマイケル・ラウアー副所長は6月12日の講演で明らかにした。

NIHは87機関189人の科学者を調査した。調査の結果、133人の研究者はNIHに外国からの資金収入を報告しておらず、102人の研究者は海外の人材招致プログラムへの関与を隠していたことが判明した。

posted by Mark at 15:48| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米警察改革の大統領令に署名 トランプ氏、人種問題触れず


大統領令は、複数の不正行為や過剰な実力行使があった警官のデータベース構築を司法長官に指示。警官のトレーニング改善などを促すため、一定の基準を満たした警察組織への助成金制度も設立する。基準には、抗議デモのきっかけとなったミネソタ州ミネアポリスでの黒人男性死亡事件で警官が使った「チョークホールド」(首元を押さえつける行為)の禁止を盛り込んだ。

また精神疾患のある人や薬物中毒者、ホームレスへの対応を改善するため、警察とソーシャルワーカー、医療関係者との連携を強化する。

posted by Mark at 15:47| Comment(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米軍入札情報


[2020-06-16]

*ベータサム(beta.SAM) に掲載された佐世保の入札情報
https://beta.sam.gov/

NAVFAC PWD 契約課より入札案内が出されました。
http://www.sasebo-cci.com/cgi/t_news/webdir/92.html このリンクから、入札書と入札書に添付された書類がダウンロードできます。

入札案内番号: N4008420T6003 (2020年6月11日)
契約内容:   2号ドライドック、SP1ポータルクレーンのコントロールシステムのオーバーホール
入札期限: 2020年7月10日(金)10:00AM

NAICS: 811310


[2020-06-02]

*アジアネコ(AsiaNECO)に掲載された佐世保の入札情報
https://asia.neco.navy.mil/

This is a sole source requirement. Information purpose only.
これは単独入札要件です。 情報提供のみを目的として掲載されています。

引合番号:  N68246-20-Q-0026 (5月28日付)
見積内容:  補給船のメインエンジンシリンダーヘッドのオーバーホール
FSC:       J020



[2020-06-02]

*アジアネコ(AsiaNECO)に掲載中の佐世保の入札情報

posted by Mark at 11:37| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

米国愛車ランキングTop15を日本車独占!栄えある第1位に輝いた日本車は?


1位:トヨタ ハイランダー
15年以上乗られた割合:18.3%
長く乗られるクルマとして栄誉ある1位に輝いたのは、トヨタ ハイランダーだ。
初代オーナーに15年以上愛用された割合は18.3%と、2位に2.8ポイントの大差をつけた
posted by Mark at 16:03| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

「米国の憂鬱」と「中国による世界征服」

2006年アカデミー作品賞を受賞したポール・ハギス監督の「クラッシュ」という映画は、現代の米国社会を理解するうえで、とても重要な作品です。
以下一部ネタバレご容赦ください。

白人側の主人公は中年の警官で、マット・ディロンが演じています。介護の必要な父親と二人暮らしで、仕事と介護でいつもヘトヘトになっています。社会保険事務所に行っても対応するのが黒人女性で、黒人を優先する規則とのことで相手をしてもらえません。思わず、黒人を罵る言葉を吐いてしまい、以来、彼女からマークされてしまいます。

理不尽な社会にムシャクシャした状況のなかでの警ら中、高級車に美人の奥さんを乗せた身なりのいい黒人を停車させ、職務質問と言って屈辱的な取り調べを行い、うっぷんを晴らします。そののち、その警官はその女性を命がけで救います。
黒人を奴隷とした米国誕生史、公民権運動を経て、行き過ぎたマイノリティ救済政策から落ちこぼれた「サイレント・マジョリティ」。映画の白人警官そのものです。

ポケットに銃を隠し持っているかもしれない。お互いに恐怖心を持ち、そんな社会の中で米国人は暮らしています。オバマがまったく対策しなかったせいで不法入国者は入れ放題、低賃金で働かせ、結果、仕事を失った白人の中産階級がどんどん没落していったのです。
そんな人たちが結集して、4年前にトランプ大統領が誕生したのです。

階級対立、人種対立の元凶は、要するに何もしなかったオバマです
核なき世界などと言いながら、イランや北朝鮮の核開発を見て見ぬふりをして、米国は世界の警察官ではないと言って、イスラム国の誕生を容認し、ロシアのクリミア半島侵攻や中国の海洋進出を好き放題させたのもオバマです。4年前の大統領選挙の結果がそれを証明しています。米国民は民主党政権を拒否したのです。


今回、米国で暴動や略奪が起きています。
白人警官が黒人男性を窒息死させたことで、黒人らによる抗議が発端でした。
ただし、その黒人は強盗など沢山の前科を持つ者で、おそらく銃なども携帯していたことでしょう。過剰防衛の可能性はあるものの、相手はけっして「普通の市民」ではなかったようです。

もちろん、メディアはそんな背景などお構いなしで、【黒人=かわいそうな被害者、白人警官=差別主義者】のレッテル貼りで思考停止してしまっています。そして、そんな差別の元凶がトランプにあるような報道を朝から夜まで報道しています。

この状況で得するのは民主党、バイデン候補、中国です。
コロナ拡散や、香港・ウイグル・チベットに関する人権迫害への批判から目を背かせ、トランプを悪者に仕立て、メディアを煽って総攻撃をしています。
我が国のメディアでも基本的なスタンスは反トランプです。これまで中国の人権侵害には沈黙していたキャスターやタレントまでもが、一斉にトランプ批判を開始しました。

私は2016年を思い出します。4年前も似たような状況でした。
メディアが取り上げるのはトランプの女性問題やその人格を否定する誹謗中傷で終始して、ヒラリーの支持率が圧倒的にトランプを上回っていると連日報道していました。結果はその正反対だったわけですが、はたして今回はどうでしょう

5ヶ月後には大統領選挙が行われます。今の状況のまま、トランプが負けて、バイデンが勝つのか?
かつての冷戦では、米国がソ連に勝ちましたが、今回は中国が米国に勝つのかもしれません。
中国が米国にかわって支配する世界というのが、果たしてどんな未来になるのか?恐ろしくて想像もしたくもありませんが、その可能性はあります。

トランプが敗れれば、次は日本です。安倍・麻生コンビへの攻撃は過酷なものになっていくでしょう。本年中に解散・総選挙はあるでしょう。そこで安倍総理が大敗を喫すれば、日本も中国の属国となってしまうのかもしれません。
自由も民主主義も基本的人権もへったくれもない、かつて経験したことのない最低最悪の悪夢の時代になるのかもしれません。ウイグルやチベット、香港がどんな目に遭ったのかを考えてみて下さい。

これらの前哨戦として行われるのが来月7月の東京都知事選挙です
これまでは現職・自民党推薦の小池候補に対して野党連合の宇都宮候補という構図でしたが、ここに熊本県副知事の小野氏が現れ、状況が変化しました。
自民党は小池氏を推すとのことですが、自民都連はしぶっていたようです。宇都宮候補は過去の都知事選では100万票ほどを獲得した強敵です。

私はこの強敵相手に3つ巴戦は無いだろうと思います。また、N国党が同姓同名の小池百合子を立てなかったことから、現職の小池氏は出馬せず、小野氏を本命とするのではないかと思います。
小池氏は今日のコロナ関連の記者会見でも立候補の件について一切触れませんでした。
小池氏の去就は、来週中に決着するでしょう。


コロナ拡大により世界経済は戦後最悪と言われている中で、現在、株価は実体経済の裏付け無く上昇しています。私はこれも市場に対する「持続化給付金」みたいなものだろうと解釈しています。では、この上昇がいつまで続くのか?
経済が悪くなることは分かり切っています。
したがって、市場を動かすのは「政治」ということになるでしょう
2020年後半は、各選挙が市場の流れの転換点になることでしょう。

今週はここまで。また来週。

Prince-King 井手学長だより
  の配信停止はこちら
⇒ https://www.mag2.com/m/0001681507.html?l=rlg0a273ce
posted by Mark at 19:13| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

米金融・債券市場=利回り上昇、リスク選好改善 7年債入札はやや不調 ロイタ



米金融・債券市場=利回り上昇、リスク選好改善 7年債入札はやや不調
米金融・債券市場=利回り上昇、リスク選好改善 7年債入札はやや不調. Reuters Staff. 2 分で読む.
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
コロナ、働き方のパラダイムシフトの契機
コロナ、働き方のパラダイムシフトの契機|建設ニュース入札情報、落札情報、建設会社の情報は建通新聞社. 建設ニュース、入札情報の建通新聞. 総合 ・ 特集 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
県の支援拠点「ステーションAi」、供用開始1年先送り
入札公告は十二月に再開し、来年七月に落札者を決める。 施設は名古屋市昭和区の鶴舞公園南側に建設する。スタートアップ企業がオ... 中日 ...
FacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
米中古住宅販売成約指数、4月は過去最低−2010年以来の大幅低下
新型コロナ対策は販売成約に混乱をもたらしたが、価格に値ごろ感があり、限られた在庫に対し複数の買い手が入札争を繰り広げることも珍しくないなど、市場 ...
posted by Mark at 23:31| Comment(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月16日

米鉱工業生産、3月は製造業6.3%低下 1946年以来の大幅マイナス 米連邦準備理事会

米鉱工業生産、3月は製造業6.3%低下 1946年以来の大幅マイナス
米連邦準備理事会(FRB)が15日発表した3月の鉱工業生産統計は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)によって供給網が混乱する中で製造業生産指数が6.3%低下し、1946年2月以来の大幅な落ち込みとなった。第1・四半期に... 

米、新型コロナの影響少ない約20州で経済活動再開可能=CDC
米疾病対策センター(CDC)のロバート・レッドフィールド局長は15日、新型コロナウイルス感染拡大の影響が限定されている約20州で、トランプ大統領が示したように5月1日に経済活動を再開できる可能性があると述べた。... 
posted by Mark at 20:26| Comment(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月17日

2月27日開催「日米貿易協定セミナー」のご案内

2020年1月1日発効の日米貿易協定は、世界のGDPの約3割を占める日米両国の
2国間貿易を強力かつ安定的で互恵的なかたちで促進するべく、農産水産品と工
業品の関税を撤廃または削減するものです。本セミナーでは、米国市場の魅力
と日米貿易協定の活用について解説いたします。日米貿易協定にかかる情報を
入手できる絶好の機会ですので、是非ご参加ください。

◆日 時:2020年2月27日(木)14:00〜15:30 
     (13:30開場)
◆場 所:ジェトロ大阪本部セミナールーム
     大阪市中央区安土町2丁目3-13大阪国際ビルディング29階
     https://www.jetro.go.jp/jetro/japan/osaka/
◆主 催:ジェトロ大阪本部
◆後 援:大阪商工会議所
◆参加費:無料
◆定 員:80名(先着順。ただし申込多数の場合は中小企業優先)
◆詳 細・お申込みはこちら↓↓↓
https://www.jetro.go.jp/events/osc/4d62fa7dbbe51974.html
posted by Mark at 00:27| Comment(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

データで見る米中貿易摩擦と日本企業への影響

全世界で注目度の高い「米中貿易摩擦」。米国と中国の二国間の問題に収まらず、その影響は着実に世界規模で広がっています。日本企業も例外ではなく、追加関税回避のための生産拠点や調達先の変更など、具体的なサプライチェーン再編の動きが見え始めています
本ウェビナーでは、米中貿易摩擦の概況や日本の中堅・中小企業のビジネスへの影響について最新情報を入手できる絶好の機会ですので是非ご参加ください。

〇日 時:2020年2月19日(水)15時00分〜16時00分
〇場 所:ウェビナー(ジェトロ東京本部からリアルタイム中継)
〇受講料:無料
〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。
https://www.jetro.go.jp/events/ora/8aaddd9a2cb25c02.html
posted by Mark at 00:23| Comment(0) | 貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米貿易協定の最新情報―対米輸出における特恵関税の使い方―

日米貿易協定が2020年1月1日に発効しました。世界のGDPの約3割を占める日米両国の2国間貿易を強力かつ安定的で互恵的なかたちで促進するべく、農産水産品と工業品の関税を撤廃または削減するものです。
本ウェビナーでは、同協定における特恵関税の活用策を中心に説明します。日米貿易協定の情報を入手できる絶好の機会ですので是非ご参加ください。

※本ウェビナーは、2020年1月23日(木)にジェトロ本部で開催した「日米貿易協定発効記念セミナー」の講演と同内容です。

〇日 時:2020年2月17日(月)15時00分〜16時00分
〇場 所:ウェビナー(ジェトロ東京本部からリアルタイム中継)
〇受講料:無料
〇詳細および申込方法:以下のイベントページをご参照ください。
https://www.jetro.go.jp/events/ora/de87c8aa53c14a88.html
posted by Mark at 00:23| Comment(0) | 貿易 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

30_logo.gif

header_02.gif

海外サイトで購入できない方は

支払代行.jpがサポートします。

banner02.gif

グローバル・シーの購入サイトです。

header_logo.GIF

英語でお困りの方は、Enjoyable e-Learningへ

タグクラウド