新着記事
header_logo.GIF

アメリカ進出のコンサルティングならお任せ下さい。

2009年05月15日

徹底解説! 米国の物流セキュリティ規制

米国は、2001年の9.11同時多発テロを契機として、テロ対策強化の観点から
物流セキュリティ規制を強化してきました。2009年1月には「10+2ルール」が
新たに施行され、輸入貨物に関する情報を船積み前に米国税関国境保護局
(CBP)へ提出することが求められています。輸入者に課せられた情報の収集
には対米輸出企業の協力が不可欠で、輸入者のみならず輸出者の負担が増すこと
も避けられない見通しです。
 本セミナーでは、「10+2ルール」の解説とともに、米国の物流規制が企業
に及ぼす影響について、専門家が分かり易く解説します。多くの皆様のご参加を
お待ちします。

◆日時:2009年5月19日(火)14:00〜17:00
◆場所:ホテル日航大阪 5階 「鶴の間」
◆内容:
 (1)「米国の物流セキュリティ規制の概要と対米輸出企業が注意する点」
     日本機械輸出組合 部会・貿易業務グループ・チーフ 多田 正弘氏
 (2)「『10+2ルール』解説(仮)」
     米国国土安全保障省 税関・国境取締局(CBP)セキュア・フレイト
     イニシアチブ ダイレクター リチャード・ディヌーチ氏 《同時通訳付き》
 (3)「物流セキュリティ規制強化の動きに対する米国産業界及び在米日系
     企業の動向」
     ジェトロ・ロサンゼルス・センター 水谷 剛 ダイレクター
◆主催:日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部
◆参加費:会員(ジェトロ・メンバーズ、農水産情報研究会、中国経済情報研究会)
     無料、一般は3,000円
◆定員:100名(先着順)
◆申込締切:2009年5月15日(金)
◆詳細・申込:http://www.jetro.go.jp/events/seminar/20090415325-event
◆問合せ先
 ジェトロ大阪本部貿易投資相談センター(担当:一之瀬、北畠)
 TEL:06−6447−2317 / FAX:06−6447−2336
 E-mail:osc@jetro.go.jp

posted by Mark at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

30_logo.gif

header_02.gif

海外サイトで購入できない方は

支払代行.jpがサポートします。

banner02.gif

グローバル・シーの購入サイトです。

header_logo.GIF

英語でお困りの方は、Enjoyable e-Learningへ

タグクラウド